誰のために準備しているのかわかりました。(6/22説明会を終えて)

 


誰のために準備しているのかわかりました。

 

 

いつも開智望小学校のブログを御覧いただきありがとうございます。

 

 

6月22日の説明会を終えて、ブログを書いています。

普段は総合部で担任として働き、授業をしながら、準備委員の教員は
開校準備を進めています。

日夜、わざわざご参加いただく保護者の皆様のために最高の説明会をつくろうと
準備委員の中で話し合いを進めています。

 

ふと説明会にて保護者の皆様と直にお話させていただき、個別相談会を終えたある準備委員がこう言ったのです。


「誰のために準備しているのかわかりました」

 

相手の顔が見えるとき、やる気になるのは、何も子どもだけではありません。

我々教員たちも保護者の皆様と接する中でますますやる気が出てまいりました。

 

これは何も説明会だけではありません。


授業の際も、準備をすればするだけ、子どもたちは返してくれます。

あの子はどんなことを言うかな?
あの子だったら、こう返すだろう!?

こうして教員は授業の準備をします。


そして、授業では、

 


そんな発言をするんだ!
そんな考え方もあるんだ!!

私たちが準備した以上のものを子どもが返してくれる時、教師冥利につきる「報われる瞬間」が訪れるのです。


翻って説明会についてです。

 

----------------------
一昨日はありがとうございました。
おかげさまで子供も元気に!?遊ばせていただき、私自身も説明会に集中できました。
初めての参加でしたが、御校の教育方針、理事長先生をはじめとする
個々の先生方の熱意がすばらしいと感嘆いたしました。
一番は子供達の目が輝いているところ、、、それがすべてを物語っているように感じました。
貴重な機会をいただき本当にありがとうございました。

これからますますお忙しい時期を迎えられると存じますが
ご自愛くださいませ。

ありがとうございました。
----------------------

こんな嬉しいメールをいただきました。


次に紹介するアンケートの中にも開校を待ち望む保護者の皆様のご期待が溢れています。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<アンケートより>

○今日の青木理事長のお話の中で子どもたちは文化祭や体育祭は子どもたちが自分で作っていく。それは自分が何かをすると周りの人が喜んでくれる。それが自分の幸福につながる
というお話にとても心打たれました。というのも私どもは共働きなので、私が帰ってくると洗濯物と取り込んだり夕飯の準備をバタバタ始めます。それを見ていた娘は自然と
お皿をならべたり洗濯物をたたんだり進んで手伝ってくれます。「本当にありがとう。助かるよ。」と話すととても嬉しそうな顔をしてくれます。理事長先生の話を聞いて、
改めて「ありがとう」と伝えることは大切だと思いました。

○考え深い話を聞けて良い時間を過ごせました。英語の学びを焦ってはいけないことや算数や理科等を取り入れた授業の面白さに大変興味を持ちました。

○息子に開智の一員になってほしいです!開智の「探究」は子どもも先生も全力で取り組んでおり、他の小学校では経験できない個性を認め、
統一させて未来に向かっての学習をしてくれる学校だとわかりました。自分たちで一つ一つやり遂げる力をつければ大人になるのがワクワクするだろうと
思います。次回の説明会も楽しみです。

○インターナショナルスクールに以前は興味がありましたが今回の説明会のお話を聞いて驚きと感銘を受けました。
子どもたちにとって「想像力」「考える・やりぬく力」この体験をした子どもの将来が楽しみです。先生方の熱意伝わる姿。子どもを預けたいと思いました。

○掲げられた教育理念・方針を実際の教育に反映できるかどうかが大きな課題となると思いますので、実現に向けての準備と実行を是非お願いいたします。

○自らの「心の原風景」はいつ頃だったのだろうと振り返るとき、思い出すのは幼稚園から小学校の記憶です。我が子が開智望で内容の濃い、面白い授業を受け、
自らの基礎を磨いていければとても意義があると思っています。説明会はとても多岐に渡り、いろいろな思索を先生方が続けておられ、開智望の素晴らしい将来に続く
展望がよく理解できました。意義のある時間でした。


○仕事をしていて今までの学校教育について疑問を持つことが多くありました。子どもには主体的に生きていってほしいと思っており、開智学園の教育理念にはとても賛同しています。
このような環境で学びをさせていけるよう親子で挑戦していきたいと思います。

○実際の授業の様子を確認できてよかったと思います。特に子どもたちの学びの顔を見て安心しました。

○大学に入ることが目的ではなく、その先の人生に活かすための学びが凝縮されているように感じました。詰め込まれるのではなく、自分で考えて創造し、そして発信する。
この大切な作業を幼い頃から経験させることはきっと将来大きな財産になるのではないかと思います。私たちは娘たちに大きな財産を与えたい。
御校への気持ちが確実なものとなりました。また次回の説明会を楽しみにしております。

○探究学習という学習では、単に知識を得るということだけにとどまらず人間関係の構築やプレゼンテーション能力をつけるなど、社会人として必要となる能力を身につけることができる
ことを知り、貴校の教育に興味を持ちました。

その他のご意見も追って記載いたします。

 

一方で、


★共働き家庭への対応(アフタースクール)について教えてほしい
★校舎設備について教えてほしい
★制服は選択式にしてほしい
★年間予定、一日の流れを教えてほしい
★グループ、ユニット、ティームについて教えてほしい
★子どもの休み時間の様子を教えてほしい
★守谷からバスを出してほしい
★アセスメントについて知りたい(紙だけで子どもを評価するの?
★他の準備委員の先生の話が聞きたい
★一年生の探究の様子を聞きたい


これらの声もいただきました。


次回の説明会に反映してまいります。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 


私たちは、これからも

保護者の皆様のご期待に添えるように、

もちろん来年ご入学される子どもたちは、国際社会に貢献できる心豊かなリーダーとなれるように、

「あなたが見たい変革にあなた自身がなりなさい」と言ったマハトマ・ガンジーの言葉を忘れずに(私だけですが・・・)、

明日からも一人ひとりの子どもと向き合ってまいりたいと思います。


最後までご覧いただきありがとうございました。