開智望祭レポート2:のぞみまつりのコンセプト・全体の様子、算数の部屋の様子

のぞみまつりのコンセプト・全体の様子

  子どもたちはこの2ヶ月間、1・2 年生が一緒になり、自分たちで考え、試行錯誤しながら、「お客様をおもてなしする」という目標に向かって頑張ってきました。探究の時間はもちろんのこと、生活のいろいろな時間でも一つの目標に向かう姿がありました。 給食の時間には 1 年生のグループに 2 年生が入って一緒に食べる素敵なランチタイムで親睦を深めました。責任 と自覚を持って看板やエンブレム制作に取り組んだり、リーダーシップを発揮し 1 年生を巻き込んで活動してくれたりする 2 年生。20 分休みだけでなく、昼休みも輪飾りやお花作りなどの飾り作りに駆けつけてくれる 1 年生。 色々なところでたくさんの雄姿を見ることができる機会になりました。また、望まつり後には、各教科ごとにふりかえりも行いました。来年度は今回のふりかえりを活かして、さらにパワーアップした望まつりを開祭したいと考えています。

 

 

 

  1. 算数の部屋        

算数の部屋では、タイトルを「ワクワク算数ランド」と題して算数で学びながら遊べる展示を行いました。具体的には次の5つです。1)迷路を解きながら途中の関門にあるパターンブロックのお題を解いていくお店、 2)算数の時間に行った魔方陣(縦横を足すと答えが同じになる数)をトランプで行うお店、3)長さの勉強をしながら、楽しくドミノを行うお店、4)2年生が作った推理問題、1年生が作った引き算問題、そして、班の全員で作ったチャレンジ問題に挑戦するクイズのお店、5)空間認識とダンボールブロックを融合したお店です。当日は受付、接客と役割分担をきちんとして、まだまだ十分とはいえませんが、一生懸命お客様をおもてなししました。

 

f:id:kaichinozomi:20151102061130p:plain

f:id:kaichinozomi:20151102061144p:plain

f:id:kaichinozomi:20151102061206p:plain

f:id:kaichinozomi:20151102061221p:plain

国語、英語の部屋の様子も追ってご報告いたします。