天才が育つ環境とはどんな環境か?歌うことが楽しい・運動することが楽しい・学ぶことが楽しい

こんにちは、開智望小学校広報担当の野口です。
いつも開智望ブログをご覧いただきありがとうございます。
このブログでは、毎回開智望小学校の教育について紹介しております。

 

・天才が育つ環境とはどんな環境か?

 

相手を変える習慣力 Business Life

相手を変える習慣力 Business Life

 

 

 天才が育つ秘密についてのある研究があります。天才ピアニスト、天才スケーター、天才棋士など、「天才が育つ環境とはどんな環境か?」についての研究です。

 

研究結果として浮かび上がったことは、子どもの頃、最初に習った先生に共通点があるということです。その共通点とは、プレイヤーとして凄い実績のある先生であるということでもなく、指導者としてカリスマのような先生であるということでもありません。

 

それは「楽しくやることを教えてくれた先生であること」だそうです。

 

ピアノであれば、『ピアノ=楽しい=快』という方程式を、習い始めの段階で、しっかりとインプットしてくれること。このインプットが最初にあれば、それは一生の土台として定着します。元々才能溢れる子どもが、この方程式を身に付けると、『練習=快』となり、放っておいても練習するようになります。このことにより、圧倒的な練習量を自然にこなすようになります。

 

反対に、いくら才能があっても、最初にスパルタ式の指導を受け、「ピアノ=つらい=苦」という方程式が出来上がってしまうと、「練習=苦」となり、頑張って、頑張ってピアノを続けることになります。それでもそれをたくさんの量で続けると、やがて、バーンアウトという状態を起こしてしまうのです。

 

反対に、最初に、「ピアノ=楽しい=快」の方程式が定着した子どもは、思春期などにスパルタ式の猛練習の環境に入っても、燃え尽きることなく成長していきます。なぜなら、「ピアノ=楽しい=快」が基本にあり、そのスパルタ式を「自分のレベルを次のステージに持っていくことに必要」だと、普通に受け入れることができるからです。

 

これは勉強についても同じですね。

 

さて、先日クリスマスコンサートが終わりました。その様子は別の機会にご紹介することにします。

 

歌うことが楽しい。

 

子どもたちはクリスマスコンサートを通して、この感覚を身に付けてくれたのでしょうか。

 

2年生のある男の子は、3年生の歌声に深く感動し、3年生が歌った歌を覚えたいと言っていました。2年生のある女の子は、練習の時に歌えていなかった1年生がちゃんと歌えていて、自分のことのように喜んでいました。

 

私は子どもの頃歌うのが大好きでした。教師の子どもとして育った私はいくら勉強ができても「どうせ親が先生だもんね」と言われ、認めてもらえません。小学生の時友達のお母さんが私の歌声をほめてくれ、すごくうれしかったのを覚えています。

 

運動することが楽しい。

 

運動会ではビリでも、日ごろから友だちと一緒に遊んで身体を動かすことが楽しい。そんな感覚を子どものうちから身に付けてほしいですね。最近テニスをがんばっている2年生のある男の子は、自分からどんどん練習しようという意欲が出てきました。

 

学ぶことが楽しい。

 

私のクラスでは将棋が大流行しています。1年生が3年生を倒す。3年生はお母さんに頼んで将棋の本を買ってもらう。一生懸命戦法や囲いを覚える。すると1年生に勝つ。次は1年生が戦法を覚え始めました。

 

こうして自然と学ぶことが楽しい。この感覚を身に付けてほしいのです。

 

小学校低学年で大切なことは何でしょうか。

何度もテストをして、毎日漢字練習をさせることですか。

大学受験までにバーンアウトをしてしまう中学受験経験者を何人も見てきました。

 

私の知り合いは母親にむりやり小学生の時ピアノをやらされて全国で8番くらいになったものの、大人になっても嫌な記憶として残っているそうです。

 

小学校低学年で大切なことは、

歌うことが楽しい・運動することが楽しい・学ぶことが楽しい

 

この感覚を身に付けることではないでしょうか。

 

探究の教室には、いつも子どもたちの笑顔があふれています。

もちろん多少お行儀は悪いかもしれません。

多少言うことを聞かないかもしれません。

 

しかし、子どもとは本質的に短期的視野で今楽しければいい!という生き物です。

失敗を繰り返すから子どもなのです。

 

彼らに何かを無理やりやらせるのは簡単です。しかし、それには違和感を持ってしまいます。

 

かといって自由をはき違えるのも違います。すくすくと育つ今の3年生が5年生になる頃くらいには、低学年を制圧し、指導するのではないかと期待しながら、やはり、一番大切なのは、学ぶことが楽しいという感覚ではないでしょうか。

 

追伸

冒頭にご紹介した本はコーチングの本ですが、参考になる部分がたくさんありましたので、ぜひおすすめです。