開智望小学校の探究の様子~Unit5:Who We Are(2nd Grade)

こんにちは、開智望小学校広報担当の野口です。
いつも開智望ブログをご覧いただきありがとうございます。
このブログでは、毎回開智望小学校の教育について紹介しております。

 

・開智望小学校の探究の様子~Unit5 Who We Are

 

野口(以下 の)「コミュニティって何だろう?」

子どもたち(以下 子)「コミュニティのティーってティーだからお茶じゃない?!

 

の「がく^^^^」「でもお茶会ならコミュニティかもしれない(笑)」

 

そんなこんなで探究Unit5が始まりました。

 

今回の探究はWho We Areです。

「ここはどこ?私は誰?」の探究ですね。

 

その中で「コミュニティと人間との関係」を掘り下げていきます。

プランニングを簡単にご紹介しましょう。

 

セントラルアイディア(=子どもたちに身に付けさせたい世界観)は、

「Community Shares common value」です。

 

コミュニティは価値を共有している。

 

1)コミュニティって何だろう?

2)価値って何だろう?

3)シェアって何だろう?(ミッションの浸透度)

 

この流れで探究は進みます。

 

1)コミュニティって何だろう?

 

1-1)私たちの知っているコミュニティ

 

まずは、いろんな制服、民族衣装を見るところから探究は始まります。

f:id:kaichinozomi:20170123204228p:plain

 

子どもたちは目に見えるところから、だんだんと目に見えない文化や価値に迫っていくのです。

 

開智望小学校の子どもたちは制服を着ており、その制服にも価値があるわけですね。

 

グループワークで色々なコミュニティを知る足掛かりとして制服や民族衣装について考えました。

 

f:id:kaichinozomi:20170123204609j:plain

 

f:id:kaichinozomi:20170123204623j:plain

 

子「なんか変なの?ふつうじゃない!」

の「いいこと言うね。ふつうって何なんだろう?」「この<ふつう>っていうのがコミュニティによって違うということが今回の探究の肝かもしれないね」

 

f:id:kaichinozomi:20170123205018j:plain

f:id:kaichinozomi:20170123205031j:plain

f:id:kaichinozomi:20170123205044j:plain

 

そして探究は続いていきます!

 

f:id:kaichinozomi:20170123205304j:plain

 

今後もブログでその進捗をお知らせいたします!

 

よろしくお願いいたします。