開智望小学校の3年目がスタートしました。

 

 

ご入学・ご進級おめでとうございます。

 

f:id:kaichinozomi:20170409090558j:plain

お子様の可能性は無限大です。開智望小学校では、今年もお子様が自分の可能性をお子様自身で、よりいっそう、大きく伸ばせるようないろいろな学びのお手伝いをしていきます。

お子様が大人になり、グローバルな社会で様々な分野・仕事で活躍するために、開智望小学校での「学び」が大きな意味をもちます。

 

学ぶことが大好きになる「楽しい学び」

自分を大きく伸ばす 「学び方の学び」

「なぜ」を解決する「方法の学び」

 

私たちは、グローバル社会で活躍するための学びの土台となる「新しい教育」、すなわち、主体的に考える力、深く考える力や、自ら発信する力の育成に挑戦しています。まだ経験したことのない新しい課題や解決困難な問題に対応するためには、新たな智を生み出さなければなりません。今、社会で必要なのはこの変化に対応できる創造力を持った人材です。

 

これらの力を伸ばすために、ようやく満2歳となった私たち開智望小学校は、次の目標を掲げて新年度に臨みます。

 

1 授業の質のより一層の向上・・・「教科の枠を超えた探究の授業」(UOI)だけでなく、教科の授業も今まで以上に探究型にするとともに、知識を確実に身に着けられるように、また、問題発見・解決能力を高められるようにします。

 

2 学校生活にメリとハリを・・・集団行動や、思い切り遊ぶ時と真剣に学び考えるときとのけじめをつけて学校生活を送れるよう、一人ひとりの児童と向き合って、生活面での児童の指導に力を入れます。

 

3 児童一人ひとりを大切に、家庭との情報交換を綿密に・・・児童一人ひとりの個性・経験・先行知識を大切にし、それらを積極的に発揮できるよう、授業での積極的な働きかけをおこなうとともに、放課後の補習の充実を図ります。そのために、より細かな情報交換をご家庭と行っていきます。

 

そのために、新年度に向けて、クラスと学年、ホームとユニットの組織を固め、指導体制を強化しました。そして、外国での教育経験の豊かなバイリンガルの教師、低学年の指導経験の豊富なネイティブスピーカーの教師、指導経験の豊かで大きな志を持った教師、第一線での社会経験と豊かな教養を持った教師、海外で教育に携わっていた若手教師、大学院で教育の研究に携わっていた創造力のたっぷりある若手の教師、音楽のスペシャリスト、そして、スクール・カウンセラーが、この挑戦に参加し、さらに新たな気持ちで新年度をスタートします。

 

f:id:kaichinozomi:20170409090657j:plain

 

 

みなさまと共に素晴らしい3年目を迎えられることに喜びを感じております。子どもたちにとって、もっとも素晴らしい学校を教職員一同と保護者のみなさまのご支援・ご協力をともにつくってまいりたいと思います。

 

f:id:kaichinozomi:20170409090446j:plain

 

開智望小学校校長 青木 徹

 

追伸:

早速3・4年生が1年生に対して読み聞かせをしていました。

来週からいよいよ異学年Homeの活動です!

 

f:id:kaichinozomi:20170409090826j:plain